長くレッスンをやっていると、生徒の気持ちと親御さんの気持ちにズレが生じる場面が度々あります。

発表会に出る出ない、グレードを受ける受けない、レッスンを辞める辞めない(汗!)、などなど・・・

こういう親子のズレが現れるたび、私はどちらの気持ちも理解しようと言葉を探したりするのですが・・・


やはり、レッスンは生徒であるお子さんの前向きな気持ち、努力があってのものですから、まずは親御さんが一歩引いて、冷静にお子さんの話を聞いてあげてほしいな、と強く思います。

 

この「冷静に」というのがとても重要なポイントで、もし感情をぶつければ、たちまち親子バトル!!に発展してしまうでしょう。 イメージ 1


 

 

子供に接する時は、理性が必要なのです。イメージ 2

 

 

仙台市若林区 齋藤康子ピアノ教室

お問い合わせはこちらからどうぞ

http://saitoupiano.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師 にほんブログ村 仙台情報 にほんブログ村 ピアノ